情報収拾

キンコン西野さん 僕たちは今をどう生きるか

2020年4月13日

コロナは伸びるか?

そもそもコロナ患者は増え続けるのか?
テレビなどのメディアは不安を煽り続けるので、みんなとても不安な世の中。

そもそも基本再生産数、実行再生産数ってのがあって

基本再生産数 一般的に、自分がコロナにかかった場合、うつす数
       (一人が三人にうつす)

実行再生産数 実際に今、どうなのかって数。真実の数

実行再生産数が、基本再生産数を下回り続ければ、患者数は将来的に減る。
今は患者数増え続けていたとしても。

今アメリカではこの数が減ってきているそうだ。
だからロックダウンは効果を出しているってこと。

正しく恐ることが必要だ。

景気が戻るか問題

これと、「コロナは収束するか」問題は全く別である。

そもそも、コロナは流行病じゃない。

時代である。

今からはコロナ時代になる。コロナの前には戻れない。

例えば、今テレワークとかZOOMを使ったオンライン飲み会とか、「あれ、意外といけるやん」って気づいてる人多い。
私もその一人だ。

もしコロナが収束したとして、みんな一年前の生活に戻れる、戻ると思ってるかもだけど、完全に行動は変わってくる。

ガラケーからスマホに移行した時代のように。今更スマホを捨てて、ガラケーに戻る人はそういない。そんな感じになってくる。

それと2019年10月〜12月で、そもそも消費税増税で、消費はめっちゃ落ちていたのだ。
そこにコロナが被ってしまったのもある。
もともとプレーンな状態で景気悪かったから、追い討ちをかけられて、しょうがない感もあるっていう事実。

生活を再設計しないといけない

そして、コロナが収束したとしても、絶対にコロナの後に、また別の感染症がやってくると言うこと。

これは4年前の鳥インフルが流行っていた時、100万羽くらいの殺処分が行われた。
鳥インフルエンザウイルスが、人に感染した事例があったけど、人同士で感染しなかったのは、ウイルスが増殖しやすい体温が違ったから。

ところが、鳥インフルにも、人にかかるインフルにも、どちらにも感染した豚が見つかって、
鳥の体温にも、人の体温にも耐えれるウイルスが存在することが可能になった

それを見た専門家は、いずれ、何かのウイルスによって、パンデミックが起こるだろうって予言してた。そしてそれが現実になったと言うこと。

避けられないことだった、いづれにせよ起きることだったのだ。

だからコロナのあとは絶対にある。

ではどうするのか?
ウイルスと共に人間が生きていく、という前提の元に、
生活やビジネスを再設計しないといけないということ。

小売りはこれからどうすればいいの

どんどん店がしまって、経済が止まっていってる。
でも食っていかなきゃならぬ。

じゃあどうやって再設計すればいいのか。発想の転換が大事になる。

例えば、美容師さんの場合

コロナで客足が遠のき、売り上げが減って困っている美容師さん。

でも、人はいつか絶対髪を切るのだ!という点に着目しよう

髪切りの回数券を売る。
期間は限定しない、いつまでも使えるようにする。
美容室には、前もって収入が入る。

お客さんは、コロナ対策が進み、落ち着いた頃に必ずやってくる。

また、その髪切り券がギフトしても機能するようになる。
カットやカラーリングができる券をプレゼントされたら、女の子は服をもらうより嬉しいはず。自分でその額を負担しなくていいから喜ばれるだろう。

コロナやその次の感染症で、収入が減った時、オンラインで機能するような仕組みを今のうちに作る

例えば、スナックの場合

店を閉めたスナック。売り上げはゼロである。

お客さんが来れないことで生まれる価値はなんなのか、考えよう。

そのスナックは空間を売りにしていたとしよう(内装にめっちゃこだわるとか)
1組3人までグループ限定で、貸切券を売る。1万円で。

そのスナックは好きに使っていい。カップル二人での誕生日パーティでもいいし、YouTube撮影スタジオとして使ってもいい

非コロナ時 スナックを開け、通常営業

コロナ時  スナックを閉めて、貸切前売り券で稼ぐ
      👉プレミア感がでる!

店を閉める ≠ 売り上げが下がる

逆にお客さんが来れないことで生まれる価値があるはず。
そういう風に再設計しないとやってけなくなる

ミュージシャンの場合

ミュージシャンは、曲などの完成品を販売することで飯を食っている。

売るものを完成品から過程にしてみる。

例えば、曲を作る過程を動画などで載っけて、ファンに見せる。
ファンなら、お金払ってでも、みたいだろう。

そして過程をみているとなおさら、完成品も買いたくなるはず。

完成品だけじゃなくて、過程も売れる。

守備を固める

給料が減ったり、売り上げが減るとコストカットするのは、しかたがない。
そうしないと生き残っていけないから。

でも、情報収拾の節約だけはするな。
お金だけでなく、時間も。

常に質のいい、情報を手に入れる努力をする。
守備力を高めて、食料を取りに行く力をつけよう。

新しい、知らない情報をモノを嫌うな。食わず嫌いになるな。

これからいろんな新しいものが出てくるから、一回耳を傾けて、試してみてから判断することがとても大事になってくる。

メディアと政府

まず、テレビは信用するな。じーちゃんばーちゃんメディアだ。
彼らを喜ばせるためにあって、それで儲けている。
だから、真実よりも、不安を煽るようなことばかり言う。

ツイッターも良くない。いい情報は埋もれていってしまっている。

ホリエモンも、ツイッターに見切りをつけて、オンラインサロンに完全移行した。
このように、これからはオンラインサロン各自で情報発信していくし、それを選び取る各個人の裁量が試される。

今政府に怒る人は多い。確かに、本当に対応が遅い。

でも後手後手になるのはいつものことじゃん。今に始まったことじゃない。

そこに怒るのにパワー使うのは、勿体無い、
自分たちができることはなんなのか?
それを考える時にある。

感想

キンコン西野さん、友人に強くオススメされて、YouTube見て感動した。
この人は本物だと思う、本当に未来を見据え、今動き続けている。

私には何ができる?ということを考え続けて、行動し続けよう。
いつかはやってこない、今!

インプットアウトプットの量を絶対的に増やします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です