English

春来の英語奮闘記 vol.1

こんにちは!春来です。
イギリスに来て3週間!はっやい!!

早速ですが、皆さんによく聞かれる質問。

「海外で農業修行って、春来って英語・・大丈夫なん??」

だよね。気になるよね。わかる。

ということで今回は、私にとって外国語であり、今習得を目指している「英語」に焦点を当てようと思います!

  • なぜ私は英語を学びたいと思うのか?
  • こっちに来て思うこと!

を重点にお話しします〜〜😊

この前のwork morning
ほんと食ってばっかり・・
食欲はまじで変わりません。

私の英語コンプレックス。

正直に言います。

私英語に対して、コンプレックスめちゃくちゃ感じてる人です。

日本では、学校で習う外国語って、基本英語ですよね。
私の世代(ちなみに私は1997年生まれ)は、
小学校で週に一回くらい英語で遊ぼう!みたいな時間があって、本格的に中学から英語の授業が始まった感じだったかなあ。
最近は、小学校から授業科目に英語が本格的に加わろうとしているらしいですね〜

洋楽にハマり、とにかく英語かっこいい!!と憧れていた高校時代。
英語ペラペラに喋れる人見ると、羨ましいしかっこいい!!!
海外に対してキラキラしたイメージを持ってました。
英語喋れたらいいのにな〜〜とはよく思ってましたが、我が母校の英語教育は、完全に受験用のもので、会話の勉強は皆無。
現在の日本のだいたいの学校がそうだと思いますけど、THE暗記型詰め込み英語教育でした。

山浦家は特に、バンバン海外旅行にいく代わりにバンバン野山に行く家庭だったので、(笑)
外国人と喋べる経験もほとんど記憶にない。
街中で外国人見ると内心ワタワタしちゃってた私。

中学の時だったかな、英コミュの時間ALTの先生と喋ろう!っていう時間があって、多分人生初の外国人と喋る機会だったんだろうな。
なんか喋ろうってトライしたんだけど、うまく伝わらなくてすごく気まずさを感じたの。結構ショックだった。

「ワタシ英語シャベレナイ」みたいな烙印を知らず知らずのうちに、勝手にワタシが押してしまったみたいで・・
英語に対するコンプレックスを持つようになっていました(特に喋ることに対して。)

英語コンプレックス持ってるの、私だけじゃないと思う。

日本で英語喋れる人=やば!天才!みたいな風潮ありますよね。異世界の人というか、すごい遠い存在になってしまってる。

6年間も英語の教育受けるのに喋れない日本人、とか。
喋れないのは、大学試験の制度がよくない!とか。
日本人が外国語苦手なのは、ズバリ島国に住んでいるからだ!!とか。
いろんな人が、日本人の言語習得下手な理由を解説してくれてますね。

英語=楽しい!というイメージがなかった高校時代。外国の人と通じ合える成功体験がなかったからだと思う。。

当然で当然のことなんだけど、

地球に住んでいるみんなが深い考えを持っていて性格があるんだけど、それが言語の壁によってわからないということ。


それってすんごい勿体無いよね!?

ということを、つらつらと考えてた春来は、

大学に入ったら、実践的な使える英語を身に付けたい!!

という目標を掲げ、大学に入学したのでした。

なんで英語を習得したいのか考える。

まあ、予想した通り大学の英語の講義もひどかった・・笑 正直に言って高校よりもひどかった。
面白くない教授がダラダラ解説するだけの講義。(すんません)

こんだけ大量の難しい論文読ませて何になるんじゃ〜〜!

と叫び出したかったけど、ぐっとこらえて講義受けてた(でないと単位取れないし)

さて、私は考えた。私の欲しい英語力とはなんぞや?と。

  1. 酒飲みながら、深い話をできる友達を作りたい。
  2. 英語で苦もなく情報を手に入れられるようになりたい。

一つ目に関して。

言葉がなくても通じ合えるっていうけど、やっぱり言語は大事だと思う。共通の言語があれば、それだけ深い話や抽象的な話ができると私は考えてます。

今私は、日本語を使ってコミュニケーション取るのが一番得意なわけだけど、これに英語が加わったら?それだけ友達になれる人が増えて、たくさんの価値観を吸収できるってことやん!これって単純にめちゃくちゃ素晴らしいことやない?

二つ目に関して。

私はオーガニックや、持続可能な暮らし方に興味があって、ネット上で調べることが多いんです。

日本語での情報の少なさに驚愕した。

代わりに英語で検索してみると桁違いの情報量が出てきて、こりゃヤバイなと思った。
え、これってオーガニックの情報に限らず、政治とかの他の情報も少ないってこと・・?

知らず知らずのうちに、情報の選択の幅を狭めてしまっているのか、私!?
ネットで簡単にたくさん情報を得ることができて、本当に便利だし魅力的だと思う。だからこそ、自分で正しくつかみ取れる力をつけたい!そうすればより良く生きていけるんじゃないかしらん?

目標は、苦もなくスラスラと英語の情報も読める&聞けるようになること。今の私は、辞書片手に超スローペースなので。途中で投げ出しちゃう。

どうすれば到達できるのか!?

さて、私はどうすれば「実践的な英語力」が上達するのか調べまくり、トライしてみました。

英語喋れる留学生を捕まえておしゃべりしたり、
オンライン英会話に登録して毎日話してみたり。

ある程度壁は取れてきましたが、まだまだまだまだって感じ。。

私、めちゃくちゃチキンなのですよ。🐔

威勢のいいこと言ってますが、傷つくのが怖い人間なんですね。人の顔を伺っちゃいがち。
だから、「伝わらなかったらどうしよう。」という恐れを前提に持ってしまっている。(トラウマを引きずっちまってる)
そんな私が嫌いなのです。

失敗してもいいじゃん!とにかく話して話して話しまくれ!それが上達の道だ!とかいうじゃないですか。
でも日本だと逃げちゃうんですよ私!チキンだから!
みんな日本語喋れるもん、便利だもん!
言い訳ばかりで、全然前に進んどらんじゃないかい!!

自分を追い込むしかないなこりゃ。

・・・どうすればいいんだろうか。

私の答えは決まっていました。

英語しか伝わらない環境に身をおくしかない。と。

昔から留学に漠然と憧れはあったんです。でもそれはなんとなくの憧れでしかなかった。
でも今は違う。
「オーガニックが盛んなヨーロッパで、持続可能な農業のあり方を勉強したい!」
という明確な目標ができた。

私は英語に対してはチキンですが、後先考えずに行動できる思い切りのよさはある。笑
とにかく何も考えず、勢いと情熱でイギリスに来ました!!!

来てみてわかったこと。

以前他の記事でも書いたけど、メールのみでコンタクトをとりCanalside Community Foodに来ました。誰かのコネとか全くないから、本当に行くまでどんな農場かわからなかったのですが、

本当に優しくて、社会に関心のある人が集まっている集団です。
よく聞くと、大学の教授や、海外に行っていた人や、なんだか経歴がすごい人が多い。
社会の不条理さを知りながら、どうすれば環境にも人にも地域にも優しい農業を実践している。

とりあえず、こんな素敵な所に来れた自分の強運に感謝。絶対、ワタシ強力な守護神が背中に貼りついてると思う。

めちゃめちゃそれぞれの人に興味があって、話したい!のですが

全然喋れない・・・
(どのくらいの英語力なのかは、次の記事で詳細を書きます)

予想していたけどね。えへっ!(^_^)v

最初はやはり落ち込みました。

聞き取れなくて、わからなくても、何度も何度も丁寧に説明してくれるメンバーたち。
そのことに私は申し訳なさを感じちゃうことも多々です。

でもこれわかってたことやん。つか、日本に22年間暮らしておいて、急に英語喋れるようになる訳ないやろうが!!あほ!って自分に言い聞かせてます。

とにかくわからないことは、しっかりと聞く。言葉が伝わらなくても、誰よりも誠実に働いて、態度で示す。もっと他人を頼り、甘えられるようになりたい。(いい意味で)

ここは私のスタート地点。誰とも比べない、焦らない。今できることをする。
これからだぞ、春来。

こっちに来て強く思うのは、

言語ってすごい。

ってこと。

こんなにネットが発達して世界が狭くなった今でも、言語が大きな壁になるってすごくない?
日本語って私の最高のアイデンティティだと思う。
こんなに複雑で繊細な言語が、母語であることに誇りを持ったがいいと思う。
今ホームステイ先のXandraに、日本語の成り立ちとかを説明した時

「えっとね、日本語にはひらがなとカタカナと漢字ってのがあって・・漢字は個人差あるけど2000字くらいは知ってるらしいぜ」

って自分で言ってる側から、単純に日本語って凄いと思いました。
Xandraからは

「春来、あんたはもっと自信持っていいのよ!私は英語しか喋れないけど、春来は日本語も英語も喋れるんだから!英語もメキメキ上達してるよ!」

っていつも褒めてもらっています。近くに褒めてくれる存在がいて本当にありがたい。Xandra本当にありがとう&大好き。

他の言語を学ぶことによって、その国の文化や歴史を知りたくなる。
毎日モチベーションはすごいあります!やりたいこともたくさんある!
しかし日々の労働で疲れ果て、帰ったらすぐに寝てしまい、インプットする時間が少ないのが悩み。
Domに相談して、休みを増やしてもらおうか考えてます。

まだまだ始まったばかり。一日1日、大切に過ごしていきます。
弱気になって寂しくなることもありますが、それもいいってことよ!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です