考えたこと

カッコいい大人に会った!藤原ひろのぶさん

私今めっちゃ興奮してます。
どちゃくそカッコいい、大人に会ったから。

鹿児島で、藤原ひろのぶさんという社会活動家の講演会に行きました。
その時の話と考えたことをまとめようと思います。

まず藤原ひろのぶさんって一体だれ?

全国を回りながら、社会問題、地球環境問題の啓発を行なっている社会活動家。

「藤原ひろのぶ」の画像検索結果

ブログ「健康のすすめ」や LINE、Instagram, Twitter, FacebookなどのSNSで沢山発信してます。インスタでは、インスタライブとかでも結構話してる。

ブログ、すごく面白い。おすすめ。

環境に優しい商品や、本物の調味料などを売っているオンラインストアもあります。

それと本も書かれています。「買い物は投票なんだ」「僕らの地球の治し方」

「藤原ひろのぶ 本」の画像検索結果


全国を飛び回り、お話会を開いていて、その数は2019年で、307回にのぼるとのこと!
私はその一つの鹿児島開催のお話会に、一人で行ってきました。

そもそもどういう経緯でひろのぶさんを知ったのか。

私がこの方を知ったのは、大学3年生だったかな。宮崎在住の、大好きな夫婦がいるんだけど、その奥さんがこの人の公式LINEアカウントを教えてくれたの。

そのLINEアカウントでは、毎回ブログが更新されたら教えてくれるんだけど、
私が特に興味がある環境問題のことばかりだけでなく、お金のことや政治の本当にことを追求する、いい記事が多い。本質ついてるなあと思いながら読んでた。

すごい活動的な人だなあ、すごい自分を社会貢献に捧げているなあ、という印象。

ヨーロッパに農業留学行ってる時も、ずっとチェックはしていて。

そうすると去年10月くらい?に、いのっちゼミ(私がいつも参加してるゼミ)のメンバー数人が、ひろのぶさんの講演会に行っていた!

鹿児島でも聞けるんや〜〜!🥺 「行きたい!」

そんで昨日3/24に私も晴れて、ひろのぶさんを生で拝めることになったのですな!

感想

もうね・・・・痺れるほどかっこいい大人だった。
私の第一声はこんな感じ。

夜19時から21時までの2時間だったんだけど、本当にあっという間で。
最前列で食い入るように聞いていた私。笑

まずとにかく話がわかりやすい。

全ての世界中の問題(世界中の貧困や環境問題などなど)は繋がっているということ。
そして、多くは私たち先進国の人間が、引き起こしているということ。

この話を聞いて、まず日本人の反応は、2種類に分けられると思っていて。

タイプ①
わかってはいるんだけど。でも大きすぎて、漠然としすぎて、何から手をつければいいの? で、なんとなく蓋をして、見過ごしてきた問題。ちょっと罪悪感。

タイプ②
全くそんなこともともと知らない。なんで、私たちの消費が、遠い国の人間の暮らしを苦しくするのか?自然環境が破壊されてるのか?
てか、便利だったらいいじゃん。

まあ私はタイプ①でしたね。そして周りの人に比べたら、結構意識は高い方だと思う。
環境に優しい商品を選ぶ、モノを買いすぎない持ちすぎない、とかはできる範囲で実践してきた。

それに、農業留学中は、私のできる範囲で発信もしていたし。

でもでも、それをもっと大々的に、人に教えるとか発信するとかは出来ていなかった。
こういう社会問題って、分野広いし繋がっているから、勉強が足りてない。
それに、みんなに一歩引いた目で見られたくない、ていう思いがあった。

この人のすごいところは、ちゃんと全てを言葉に出来ていることだと思う。
これはとても難しいのだ、こうやって文章を書いているとわかる。
いざ人に説明しようとするとよくわからなくなるもんね。

「全ての世界中の問題が繋がっており、私たちの消費行動がそれを引き起こしていること」

こんな抽象度の高いことを、わかりやすく丁寧に噛み砕いて、話してくれた。
話の切り口が馴染み深く、筋が通っていてわかりやすい。
嫌味が全くない。
誰かを悪者にしようとしないところが良い。
言葉がまっすぐで、シンプルでスッと耳の中に入ってくるような感じ。

日本人の弱点

面白いトピックがあったので共有。
特に、現代の日本社会に多い3つの問題点。
これ聞いて、留学中に感じていたのとすごく似ていて「うわ〜それな・・😅」と思った。

①思考停止

とにかく考えない人が多すぎる。考えずに買う、行動する。
調べてみようとしないし、変えようとしない。

「リポビタンd  意味ない」の画像検索結果

エナジードリンクあるじゃん。リポビタンDとか、レッドブルとか。あれって成分て一体なんなんでしょうね。実はこの一本でとんでもないほどの砂糖が入っている。💀

飲むとシュガーハイと言って血糖値が急上昇して、一時的にシャキッとした気持ちになる。が、恒常性機能が働いて、すぐにだるくなっちゃう。

それを知らずに、お金を払ってガブガブ飲んでるのって・・・。損というか危ないよね。

そういう思い込みの罠に、私たちは囚われちゃっているのだ。
そもそも、そのことに、まず皆が気づくことが大事だと思う。

私も、海外で一年過ごして、「私の常識はなんだったんだ!!😱」って驚愕した。

でもそれを知れて、選択肢は一つじゃないこと、もっと自由に快適にシンプルに生きれること、を知れて楽にもなれたんだったなあ。

②分断

「鬼 子供 泣く 桃太郎」の画像検索結果


正義の反対派は悪じゃない。もう一つの正義だ。by ひろのぶさん
これ、めちゃくちゃ「そうだよね!」と思った言葉。

日本人は「二項対立」に陥ってしまっている。
これが正義なら、あちらは悪。それはちょっと違う。

仮面ライダーに倒される、悪人ショッカー!

「ショッカーとライダー」の画像検索結果

でもショッカーには、守るべき家族がいたとしたら・・・?

「ショッカー 家族」の画像検索結果

ショッカーは、ショッカーの正義で仮面ライダーと戦っていたわけです。
なんだか何が正義なんだかわからなくなってきちゃう。

そこを表面的に見て、「こっちが絶対に正しい!あっちは悪だから叩きのめさねば!」ていうのは、かさぶたを引っ掻いてるようなもんで、
問題はもっと根深かったりする。

③拝金主義

お金ってなんだろう?
これ、私が最近悩んでいるトピックなんですね。
ことあるごとに、大人や先輩友達に、尋ねている質問。

お金は自分の人生の形を変えたもの。 

とひろのぶさんは言っていました。

若かりしひろのぶさんは、営業マンとして稼いでいた時期もあったそう。でもなんのためにお金を稼いでいるのかわからなくなってしまって、スッパリと辞めてしまいました。


確かにお金は大事だ。否定はしない。

でも、そもそも、

なんで私たちはなんのためにお金を稼いでいるのだろう?

というシンプルな問いに答えられない人が多すぎる。

たくさんのモノを買って、捨てて、また新しいモノを買うために自分の時間を削ってお金を稼ぐ。 
社会のシステムやコマーシャルに騙されて、「思考停止」になってしまっている。

日本人は世界的にみてものすごくイライラしてる。
ヨーロッパに住んでる人達の歩き方は、超ゆっくりである。
時間がないことは恥ずかしいことだと思われているのだ。

ひろのぶさんは、「社会貢献をしたいのなら、まず金を稼げ」と良く言われたそうだ。
最初はその通りにしていたけど、それは辞めたんだって。
お金を自分の時間を削って稼ぐ必要性がわからなくなったから。

仕事の本質は、社会貢献だ。とひろのぶさんは言う。

とにかく失敗を恐れない!

ひろのぶさんのすごいところって、とにかく失敗しまくっているところ。

米屋を始めたり、
北海道で農業したり、
有機農業の宅配会社立ち上げたり、
ギニアで製氷機作って氷売ったり、学校作ったり。

それだけ聞くと、すごいな、才能あるんだな、私なんかにはできないよ・・と一歩引いていてしまう。

でもねこれ実は全部、笑っちゃうくらい失敗してるの。
良く生きてんな!!てくらい。笑
「僕らの地球の治し方」って本に真相が全部書いてあった。

自分から動き出すこと、とにかくやってみることの大切さ。

良い結果だったとしても、悪い結果だったとしても、それは確実にその人の経験という武器に変わっていく。
成果だけを求める人がいるけど、それは本当に大切なことなんでしょうか?

はるき、やったります!宣言

「しろくま 痩せる」の画像検索結果

はるき少女の原点は、親が連れてってくれた、イベントがきっかけだった。

しろくまが海面上昇で、アザラシを捕まえられずに餓死して死んでしまうという事実が、子供心ながらに超衝撃的で。とても落ち込んだ。

どうにかして、この状況を変えたいと思って夢は「ピアニスト」から「環境問題を解決する人」に変わった。

それでもはるき少女は悟ってくるんですよ、「どうせ変わりっこない」って。
私が周りに与えうる影響って超ちっぽけな訳で。
ぶつかって、失望して、勝手に諦めていた。

でも藤原さんは違った。
ゼロからスタートして、発信して、確実にたくさんの人に知ってもらって、変えつつある。
そうやってやってる人に、初めて会えた感じ。
私にもできるんじゃないか!って希望に溢れている。

やっぱり私ができることは発信なんだと思った。

私はやっぱり、自分が心地よい生き方をしていきたい。
社会に貢献したい。
皆の、環境問題に対する意識をもっとあげたい。
それが私の生きる使命だと思うのだ。

幸い私には、難しいことを簡単に説明するのが得意な方だし、人前に出るのも好きだ。
いつやるか?今!でしょ!!!

私もひろのぶさんみたいな、大人になりたいと思った。

まとめ

選べない子供の未来を、選べる大人が奪っている。
この星は未来に生きる子供たちからの借り物である。

というひろのぶさんの言葉。

みんながちょっとずつ、変化を起こせば変わる。

気づいていないから変わらない。まずは知るところから。

まずは矢印を自分に向けること。他人に押し付けて期待しないこと。

何をするか、は自分で考えよう。ヒステリックになりすぎずに、少しずつでいい。

学びたいこと・見たいもの・参考文献

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-d4.pdf日本学術会議会長談話 「地球温暖化」への取組に関する緊急メッセージ 

・大西つねきさん(れいわ新撰組)動画や本
→お金について解説している

・観たい映画 
地球が壊れる前に、不都合な真実、the sustainability

・ひろのぶさんのブログ「健康のすすめ」 SNSも!
ぜひ、チェックしてみてね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です